RCヘリによる空撮

久々にエンジン(60クラス)のRCヘリを飛ばしました。およそ1年ぶりです。燃料が古いので気が抜けていそうです。ニードルの位置も忘れていて甘めに設定したら低速から中速に上げた時に回転がもたついて止まりそうになります。1フライトくらいしか飛ばさないつもりなので、ニードルをから目にしました。
どうせならと、デジタルカメラを搭載し、空撮を試みました。振動の対策をしたつもりでしたが、かなりブレてしまいました。テールパイプにラバーを挟んで取り付けたのですが、まだまだ堅かったようです。
(By 模型好き)

画像














画像














航空ベニヤでケースを作成しました。カメラとの間にラバーが入るようにしました。
画像












画像














やっぱりカメラは、スキッド(脚)の下に配置した方がよいですね。十分に空間がとれるし、かなり柔らかいバネで高周期の振動をとる必要がありそうです。
(By 模型好き)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック